スノーシューとスキーの両方の魅力を合わせ持つ「スノーハイク」。
“スキーシュー”と呼ばれたりもしますが、スノーシューよりも浮力があり、また滑らせることができるので早く歩くことができます。
また、ソールには「シール」というナイロン素材のパーツが貼付けてあるため、前には滑りますが、後ろには滑りにくい構造になっています。そのため、ちょっとした上り坂ならば登ることができ、下りは滑ることができるのでスノーシューよりも楽に移動ができます。
踵が固定されないので滑りにはコツがあり、スキーが得意な方でも最初は転んだりしますが、それもまた楽しい体験となります。
フィールドとなる入笠湿原は真っ白な雪原となりますので雰囲気も抜群!
ぜひガイドと一緒に冬の自然を楽しみましょう。