ヨガは、早朝か夕方近くに実践するのがもっとも良いとされていることを皆さまはご存知でしょうか?
(ハタヨガの真髄より)
特に早朝は、1日の始まり。充実した1日を過ごすのに朝ヨガの実践は効果的です。新鮮な空気と新鮮なエネルギーを心と身体に取り入れ、心身共にリフレッシュし1日をスタートできます。朝日を浴びながら、クリアな空気の中で呼吸をし、無理なく心と身体のスイッチをONにする。
心は朝が一番新鮮だとも言われています。その新鮮な心に新鮮な空気とエネルギーを取り込むことで頭はスッキリし、思考も冴え、活動的に動くことができるので、いろいろなことを実践できます。身体は朝が一番硬いとされていますが、「硬いから動かない」のではなく、硬いから動くべきなのです。呼吸に合わせ、無理なく身体を動かすことでその日の自分の身体がどんな状態なのか把握することができます。目に見える身体の状態を知ることで、目に見えない心の状態も把握できるようになっていきます。
早朝の静けさの中、自分の心と向き合う、自分の身体と向き合う。
朝ヨガはより良い1日を過ごすためのプログラムなのです。