スキーはもちろん、スノーシューも最近では冬のアクティビティーとして広く知られるようになってきました。
でも、「スキーシュー」はまだまだ聞き慣れない名前だと思います。

「スキーシュー」はスキーの機動力とスノーシューの歩きやすさという、両方のいいところをミックスした新しい雪上移動の道具です。
「スキーシュー」というのは造語で、ギアの正式名は「スノーハイク(SNOW HIKE)」といい、青森県にあるスキーメーカー・ブルーモリスが作っています。ブルーモリスと言えばスキー好きの人なら「八甲田」なんていう板の名前を聞いたことがあるかもしれません。

もともとスキーは滑るためというよりは雪上を楽に移動するために作られたものです。ですから最初は歩きやすいように踵は固定されない構造でした。そして雪の斜面も登れるように板の裏には獣の毛皮を張り、前には滑るけれど後ろには滑らないようにしていたのです。
今ではその獣の毛皮の代わりにナイロン製のものを使った「スキーシール」というものが販売されていて、山を滑るバックカントリースキーには必須のアイテムとなっています。今のスキーシールは裏面の糊によって取り外しができるようになっているので、登るときはシールを貼り、下るときには外して滑走することができます。

でも、かつては「シール」は貼りっぱなしでした。その構造を取り入れたのが「スキーシュー」です。
滑走性はありませんのでスキー初心者でも不安なく楽しむことができます。また、コツをつかめば滑らせることもできますので、特に下りは楽です。スノーシューのように歩くのではなく滑ってしまえばよいからです。
また踵は固定されていませんので、歩くように移動することができます。感覚としてはクロスカントリースキーに似ていますが、板が太いので安定感があり、長さも短いため取り回しが楽です。スキーの原点に帰り、雪上を楽に効率よく移動するために開発されたギアと言えるでしょう。

スキーシューのプログラムを取り入れている所はまだ少ないですが、さすがにスノースポーツの聖地・北海道では実施されています。例えばスキーのメッカ・ニセコ!パウダースノーと深雪の魅力で多くのスキーヤー、スノーボーダーが訪れていますが、ニセコのような豪雪地帯ではスキーシューの真価が発揮できてとても楽しいでしょうね。
ただ、さすがに北海道まで行くのは・・・という方はぜひ清里にスキーシューを体験しに来て下さい!
歩くように滑り、滑るように歩くことの楽しさは一度覚えると病み付きになること間違いなしです。

そしてそのフィールドはスキー場など人工の施設ではなく、スノーシューと同じく自然の中です。凛とした空気と不思議な明るさに満ちた森や雪原を移動すれば、心身ともにリフレッシュされてきます。
また、私達ガイドが自然の不思議や魅力をお伝えしますので、ただ雪のフィールドを散策するよりも何倍も楽しめること間違いなしです。
例えば、木々の冬芽をじっくりと見たことがありますか?樹木たちはそれぞれに違った方法で厳しい冬を乗り越えようとしています。その現れのひとつが冬芽の形です。顔に見えたり、産毛があって手触りが良かったり・・・。
また、雪の上に動物の足跡を見たことがありますか?白い雪上に点々と残された足跡を見ていると、彼らがどんな行動をしているのか想像できるのです。
そうやって他の生命に思いを馳せると、だんだんと自分の生命も力づけられてくるから不思議です。それを、自然からもらえる癒し効果というのかもしれませんね。
新しい雪上移動の楽しみと自然の魅力を満喫できるスキーシュー。
ぜひ八ヶ岳の自然の懐で体験してみてください。