せっかくセグウェイを体験するのであれば、長い時間乗ってみたい!
そんな方にお勧めなのがセグウェイネイチャーライド。八ケ岳アウトドアアクティビティーズ(YOA)のセグウェイプログラムの中でも所要時間が二時間半という、長時間コースです。
萌木の村を中心とした清里の豊かな自然を満喫しながら、思いっきりロングライドを楽しめますよ!

集合場所のYOAの事務所は、八ケ岳南麓に位置する山梨県高根町清里、萌木の村にあります。天気が良い日は、八ケ岳連峰主峰の赤岳(標高2899m)がきれいに見えますよ!
安全にツアーに参加していただく為に、まずはここの駐車場の一画で講習をしっかり受けていただきます。セグウェイジャパン認定の私達インストラクターが親切、丁寧にご指導させていただきます。
「私でも乗れますか?」という質問が多く聞かれますが、大丈夫です!操作自体は、自転車に乗るよりも簡単!年齢制限や体重制限がありますが、お申込みの際に何か不明な点があれば、お気軽にお問合せください。

講習を終えていよいよツアーに出発です。ツアーコースでもある萌木の村は、カントリーな北欧風の雰囲気にファンが多いスポット。おしゃれなハンドメイドの雑貨を取り扱うお店や、ランチや手作りスイーツを味わえるカフェ、清里のお土産が買えるお店など見所が沢山あります。そして、萌木の村のレストランといえば「ROCK」。ROCKといえばカレーが有名ですよね! 2016年に火事になり、2017年1月現在は休業中ですが、春の営業再開をめざして準備中です。また、有名人のプロモーションビデオ撮影によく使われる「森のメリーゴーランド」も人気スポットですよ!

ツアーでまず向かうのはこの村の中心にある広場です。ここはツアー中に唯一、自由時間を楽しめる場所。写真撮影をしたり、すこしスピードを上げて走ってみたり、しばしの間ですが皆さん思い思いの時間を過ごされています。

フリーライドを楽しんだ所で、次のツアーコースへ出発です。
萌木の村のもう一つの見所は、全国的にもファンが多い庭師の「ポールスミザー」さんが造る「スミザーガーデン」。春から夏にかけて花が咲く時期は、庭を見に来る多くの人で賑わいます。セグウェイに乗りながら、この庭を鑑賞するのもよいですね。

セグウェイネイチャーライドは、自然を満喫しながら楽しめるのがポイントです。
林間の簡単な山道や、清里の広い青空を見ながら行くオフロードのコースはかなりエキサイティング!普段あまり運動をされない方でも、セグウェイに乗りながらであれば気軽に自然を満喫できます。
萌木の村周辺の林には、ミズナラ、カラマツ、カエデなどの木が生息していて、春は新緑、秋は紅葉を楽しむことができます。
また「高原の貴公子」とも呼ばれ、白い木肌が特徴的な白樺は、北海道や清里の様な涼しい気候の地域に多く見られる木で、景観をさわやかに彩ってくれます。
稀に、リスやキツネなどの野性動物を見ることができるかも。野鳥のさえずりに耳をすませながら走るのも良いですね。
木々の間からは、近くの山並みを眺める事ができます。このコースからは、長野県南牧村にある飯盛山(標高1643m)が見えます。多くの登山者に親しまれていて、ご飯を盛ったようなころんとした三角の特徴的な山容ですので、きっとすぐにわかるはずです。

林間コースをしばらく進むと広々とした牧場へ出ます。ここでは、かわいらしい羊達が皆さんをお出迎え。なんだか北海道来たみたいです。もちろん北海道の広さには及びませんが、東京から車や電車で2時間で来られる気楽さは魅力です。さて、この牧草地の周辺には清里の中でも人気のあるペンションが沢山あります。外観は北欧風で、ここから見る景色はまるでヨーロッパの田舎の風景の様です。
この広い草原の中、風を浴びながらセグウェイで走る疾走感を是非味わってほしいです!

ここでツアーも折り返し地点。いくらセグウェイに乗りながらのツアーといっても、普段慣れない操作という事もあって、足に少しだけ疲れが出てくる頃です。そこで、お茶を飲んでリフレッシュしましょう。
休憩場所は、萌木の村「ひろばカフェ」。萌木の村ひろばで飲食できるオープンカフェです。ドリンクメニューは、コーヒー、有機コーヒー、カフェラテなど。また、ソフトクリームもとても美味しいので、暑い夏場はおすすめです。

ほっと一息ついた所で帰路につきます。ここからは帰り道になりますが、帰り道はまた違った角度から風景を楽しめるのではないでしょうか。
セグウェイに乗るだけでも、いつもの日常とはかけ離れた感覚を楽しめます。
いきなりツアーに出るのは少し不安、という方は、まずは20分間のミニ体験に参加してみてみるのも良いかもしれません。
そして、セグウェイネイチャーライドツアーに参加して、沢山の思い出を作ってみませんか?
私達、八ケ岳アクティビティーズのガイドがお手伝いします。