雪と言えばスキーやスノーボードと言ったスノースポーツを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
ただ、スノースポーツを楽しむためには道具やそれなりの練習が必要になりますが、誰でも気軽に参加できて、経験がなくてもそれぞれのペースで雪の世界を楽しめるのがスノーシューです。
感覚的にはスノースポーツというよりは「雪遊び」と言った方がいいかもしれませんね。

スノーシューは別名「西洋かんじき」とも言われています。
「かんじき」とは日本で古くから使われていた雪を歩く時に靴に付ける道具です。昔は直径2センチ程度の木やつるを曲げて作っていましたが、今はアルミフレームのものもあります。

新雪の上を普通の靴で歩こうとすると足がズボッと埋まってしまって歩くのはとても大変・・・。
そこで!足が沈まないようにかんじきやスノーシューを靴の下に「履く」のです。スノーシューはかんじきよりも大きく、浮力もあるため、まるで雲の上を歩くようにふわふわと雪の上をハイキングすることができるのです。
スノーシューもかんじきと同じように、昔は木のフレームに木の皮を編んだものを張って作っていました。現在のスノーシューをつくっているのはMSR(エムエスアール)やアトラスなど、ほとんどがアメリカのメーカー。現代はアルミフレームや樹脂でできているので軽くて操作性もよいのが特徴です。

スノーシューハイキングは固い土の上を歩くのとはまた違った感覚があります。
普段の生活にウォーキングを取り入れている人も多いと思いますが、そういったトレーニングとは違って、歩くことそのものを楽しみながらエクササイズできるのがスノーシューの魅力です。

また、スノーシューハイキングのフィールドもまた大きな魅力です。
長野で雪といえば白馬や妙高が有名で、僕も毎年山スキーに行っています。
ただ、ちょっと遠いのと、冬は天気が悪い日が多いのが長野北部の特徴です。
深雪の山を滑るにはそういう天気でもいいのですが、スノーシューなら、やはり青空と雪の白さが輝くフィールドの方が楽しめます。
その点、八ヶ岳は冬の晴天率が高いのが魅力で、僕たちも冬は毎日のように青空バックにそびえる白い八ヶ岳を見ています。

YOAのスノーシューツアーは、そんな八ヶ岳の麓で、ガイドと一緒だからこそ行ける場所へご案内しています。
雪の世界は静かで明るく、寒さなど忘れてしまうほど美しいもの。
スノーシューを履いて雪の森を歩いていると、凛とした空気にだんだんと身も心も洗われていくような清々しさを感じてくるから不思議です。
冬の語源は「ふゆる」=「増ゆる」から来ていると言われています。
何が「増える」のかというと「たましい」が増えるのだそうです。
冬の厳しい寒さの中、樹々たちは冬芽を固い芽鱗で覆い、ひたすら春になるのを待っています。そこに樹々たちの確かなたましい=生命を、昔の人たちは感じ取ったのでしょう。
だから冬の森を歩いていると不思議な力を森からもらえるように感じるのだと思うのです。

また、雪の森を歩くと野生動物たちの足跡を見つけることができます。アニマルトラッキングというのですが、夏ではできない自然観察方法です。
雪の上に残された足跡を見ながら、動物たちがどんな行動をしているのかを想像することができるのです。
例えば、森の中でそれまでなかった小さな足跡に突然出会うことがあります。
それは木の根元でまた消えてしまっています。
こういう足跡は、そう、ニホンリスです。
木の枝から飛び降り、しばらく雪の上をふわりふわりと飛び回って、再び安全な木の上へ駆け登っていったのでしょう。
餌を探すためだったのか、それともなんとなく雪の上を歩いてみたかっただけなのか?
そんなことを想像しながら足跡を追っているとまるで自分が野生動物になったような気になってきます。
自然がより身近に感じられるのです。
他にもノウサギ、キツネ、テン、シカなどの足跡をよく目にすることができます。

そんなちょっとした自然のサインも漫然と歩いているだけでは見落としてしまうでしょう。
そんな素敵な自然からのメッセージをお伝えするのが私達ガイドの役目です。

雪のフィールドを楽しんだら次のお楽しみはランチです。
ティピー型のテントをガイドが張り、中に雪のテーブルとイスを作ります。
テントの中ではバーナーを使ってホットサンドやホットドリンクのランチタイム。そうすれば、雪の上とは思えないくらい暖かくなるのです。

歩いて、食べて、雪の上で思いっきり遊んで、時には自然の音に耳を澄ませばきっと心身ともにリフレッシュされるでしょう!

ぜひYOAのスノーシューを体験しに八ヶ岳へ遊びにきてください。