ワンコとスノーシューハイキング
遊ぶ。
冬でも晴天率の高い八ヶ岳南麓。白い雪原と「八ヶ岳ブルー」と言われる青空のコントラストがとてもきれいです。そんな雪の高原を、愛犬と一緒に、スノーシューでハイキングしてみませんか?ワンコたちはスノーシューなど履かなくても自由自在に走り回って、大喜びで遊ぶことでしょう。
ランチタイムは雪原にテントを張って温かいランチをガイドがサーブします。
レンタルウエアもあるので初心者でも安心してご参加いただけます。
犬を飼っていない方で、でも犬が好き、という方も大歓迎です。
内容詳細
開催期間 2月〜3月
開催時間・所要時間 9:00〜13:00(所要時間=4時間)
集合時間・場所 8:50 萌木の村ホール オブ ホールズ前駐車場(八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズ事務所前)あるいは現地(ガイドから事前にご連絡いたします)
参加費(税込) 中学生以上1名/7,000円
小学生1名/4,000円
大型犬1頭/1,000円 
中・小型犬1頭/500円
※ランチボックス付き
※プログラム参加費はアウトドア・アクティヴィティーズ事務所あるいは現地にてクレジットカードあるいは現金でお支払いください。
年齢制限 小学生以上(幼児の方は保護者同伴でもご参加できません)
催行人数 2〜10名
スケジュール 八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズ事務所あるいは現地駐車場にて受付 → 清里周辺のトレイル(遊歩道)をスノーシューを履いてウォーキング(途中ランチタイム) → 駐車場到着、解散。「歩行距離=約3km」
服装・装備 開催期間は寒気の厳しい時期です。登山ウェアやスキー、スノーボードウェアなどをご着用ください。フリースジャケットやセーター、フリースやウール素材の帽子、防寒手袋、厚手の靴下、サングラス、スパッツなども必携です。防水機能のあるトレッキングシューズや防寒靴をご用意ください。
また、寒さに弱い犬は犬用の防寒着やソックスをご用意ください。毛足の長い犬種は雪が毛に付着し、犬が嫌がって歩かなくなることもありますので、犬用の防水ウエアのご用意をおすすめします。
その他 開催場所まではお客様ご自身で移動していただきます。
レンタルのレインウエア、トレッキングシューズ、防寒ブーツなどご用意がありますのでご利用下さい。(有料/レンタル品の価格・内容はこちら。※数に限りがありますのでご注意ください)
犬には必ずリードを付け、他のお客様への迷惑や野生動物への脅威にならないようご注意ください。糞は持ち帰っていただきますのでご協力をお願いします。
また、ランチタイムはテントの中となりますが、テント内で火気を使用するため犬は中に入ることはできません。ランチタイムの40〜60分くらいは外につないでいただくことになりますのでご了承ください。
原則的に降雪時でも催行致しますが、荒天時は催行を取りやめることもあります。
Reservation
ご予約カレンダー / ワンコとスノーシューハイキング
山岳救助犬バリーの物語
バリーはグラン・サン・ベルナール峠(現在のスイス・イタリア国境)に位置するサン・ベルナール修道院で1800年に生まれたといわれています。
現在ベルン自然史博物館に剥製として保存されているバリーの体躯は現在のセント・バーナードよりも小型。現在のセントバーナードの体重が65
キログラムから85キログラムであるのに対し、バリーの体重は40キログラムから45キログラムと推測されています。年代によって数に差異はありますが、バリーは山岳救助犬として40人以上の人命を救助したといわれています。バリーの記録でもっとも有名なものは、凍て付いた洞窟で凍死寸前で眠っていた少年を救助したこと。少年の上に覆いかぶさって自身の体温で少年を温めた後、背中に少年を乗せて修道院まで運びました。そして少年は一命を取りとめて両親のもとへ戻ったとされていますが、少年の母親は少年を襲った雪崩に巻き込まれて死んでいたという説もあります。ベルン自然史博物館でもこの伝説の真偽は議論となっているそうです。

ーウイキペディアより引用