雪原と絶景を楽しむスノーシューハイキング
コース紹介とプログラムの流れ・見所
 
YOA事務所あるいは現地でガイドと合流。受付を済ませたらスタート
地点まで移動してハイキングの準備。
服装を整え、まずはスノーシューの履き方から指導を受けます。
支度ができたらガイドの注意やアドバイスを聞いていよいよスタート
です。安全第一でいきましょう!
林間のコースでは時として野生動物の痕跡と出会うことがあります。
足跡であったり、羽であったり、こんなふうに死骸に遭遇すること
もあるのです。
 
雪原コースに出れば一挙に視界が開け、広大な雪原が現れます。
八ヶ岳南麓でも有数のロケーションを誇るパノラマコースです。
雪原の一角でシェルター(1ポールテント)を張ってティータイム。
背後に迫る赤岳の勇姿も見事です。
シェルター周辺の雪原を思いっきり走り回ったり、雪の上に倒れて
のんびり空を見上げたり、まったりお茶したり、楽しみ方は色々。
 
展望のいい斜面では即席のテラスをこしらえて眼下に広がる絶景を
楽しみます。(サンメドウズスキー場リフト利用コース)
斜面が急なコースではこんなシリセードも楽しんでください。
このシリセード実はとても古典的な下降法なんです。
(サンメドウズスキー場リフト利用コース)
シェルターの中でのティータイムはこんな感じで楽しみます。
紫外線が強い時でも、荒れた風雪の中でもここなら安心です。
 
雪の多い谷間では午後の日差しが暖かくシェルターに注ぎます。
どんなに気温が低くても内部はちょっとした温室。
(サンメドウズスキー場リフト利用コース)
ページを閉じる