今日は朝から雪。
驚きの積雪20cmです。

知人にはもう既にスタッドレスを脱いだ方もいて、名残り雪にしては少々手荒いジョークでした。

一昨日は久し振りに雪の無いトレッキングを担当。
早春の高原と飯盛山をご案内しました。

今回のゲストはちょっとした目的のために撮影適地を探されているとのことで、少しイレギュラーなリクエストにお応えして牧場周遊コースと飯盛山登頂コースをダブルで踏破。
幸い天候に恵まれたとはいえかなり頑張っていただきました。

そして何より飯盛山山頂からの展望にいたく感激され、そのスケール感を絶賛していたのが印象的でした。

改めて思うのはどんな高山に登っても必ずしも足元から何十キロも離れた山域をその裾野まで含めて俯瞰できる場所というのはまずないということ。
まさにエドムンド・ナウマンがフォッサマグナをイメージした同じ場所からの大陸規模の展望を感じられる贅沢。
そういったものを私たちは味わっていたんですね。

八ヶ岳牧場コースも飯盛山コースもそこに身を置く人の心を遠く彼方の地平線まで解き放ってくれる本当に素敵な場所です。
これからの新緑の季節ぜひ歩いていただきたいおすすめコースです。

 

まだ冬枯れた景色ですが、茶色い牧草の根元には新しい芽が育っています。

赤岳にはまだ雪がたっぷり。

展望を楽しむお二人。

早春のトレッキングも快適です。

南八ヶ岳の高峰をバックに。

午後は飯盛山に移動。

無事山頂着。おめでとうございます!