24日は北八ヶ岳スノーシュー。
春の様な暖かく穏やかな気候はちょっと北八ヶ岳には似合わないかも。

そして雪も先日の雨でだいぶ融けて表面は完全にクラスト状態。
かなりウエイトなある方でも全く沈まないくらいの強固な構造を形成していました。

それでも突き進むのがYOA流。
とにかく抜ける様な八ヶ岳ブルーの空に勇気づけられて少しでもいい状態の雪面を求めてあっちへふらふらこっちへこそこそ。

お約束の展望地では雪の無い浅間山を眺めて溜め息。
でもその背景に連なる上越国境の白銀の山々を眺めてその美しさに改めて溜め息。

きびすを返していつもの林間の特等席で雪上ランチ。
シェルター張らずにランチしたのは初めてでした。

「樹氷が見たい!」というのが今回のゲストのリクエストでしたが、どう考えても無理な相談。
今回はこの時期にしてはあり得ない暖かさの雪の世界と空の青さ、晴天ゆえの写真の高精細さに免じて許していただきました。(未確認ですが- -;)

今週も暖かさが続くとの予報。
今年はこのまま北八ヶ岳のパウダーを楽しむ機会は無いのでしょうか。

頑張れ寒気!

 

まずは山頂駅のキツツキ君の前で使用前写真。

スノーシュービギナーのメンバーに雪の感触を味わっていただきます。

さんざん踏み荒らされた後ですが、気になる風景があったみたいです。

浅間山方面も絶景でしたが、浅間には雪はありません。

今回ガイドのランチは試験的にフリーズドライにしてみました。皆様はカップ麺。

シェルター無しでもポカポカです。

リゾット。何ですよね。う〜ん、なお味。

こちらはゲストがお持ちになったおつまみ缶。酒好きにはちょっとした誘惑です。

頂いた各種おやつ。こういう女子目線のものは新鮮ですね。

この青空。縞枯現象もクッキリ。

山荘前の風衝地は完全に笹が出ています。

積雪豊富な林間コースへ。

ちょっと日頃の運度不足解消。

頑張ってます。

雪煙こそ上がりませんが、なかなかいい走りでした。

青空を背景に、決めっ!

普段ならエビのしっぽが発達する立ち枯れの前で。

画になりますね〜!

今回のベストショット!皆さん最高の笑顔。