今日は「北八ヶ岳スノーシュー」を開催しました。

雪不足に悩む八ヶ岳ですが、それを補って余りある素晴らしい快晴。
終日八ヶ岳ブルーに彩られた快適なスノーシューツアーとなりました。

積雪の少なさからか、そもそも山頂駅でスノーシューの準備をしている人はほとんどいません。
皆さんアイゼンかつぼ足(靴そのまま)で颯爽とスタートしてゆきます。
それでもこちらは真っ当なスノーシューツアー(?)なんですから準備万端整えてゆっくりとスタートです。

雨池峠まではほとんどアイゼン代わりのスノーシュー。のんびりネイチャーウォークを楽しんでいただきます。
そこから先の展望地までの区間でようやく積雪量も増え、スノーシューならではのやわ雪を少しだけ味わうことができました。
展望地からは佐久平や西上州方面の展望が広がります。残念ながら浅間山だけは雲のベールがまとわりついてその山頂を見ることはできませんでした。

引き返して林間の日だまりでランチタイム。
シェルターを張れば中は温々、思わず話も弾みます。

ランチの後はとっておきの深雪パウダーを満喫。これぞ北八ッといえる感触を味わっていただきました。

最後は坪庭に上がって西日に輝く雪原越しの山岳展望をしっかりと目に焼き付けて、終日どこまでも穏やかに過ごすことのできた賑やかなツアーを終えました。

ご参加頂いた皆様。本当にありがとうございました。

 

まずはお約束のキツツキ君をかこんでの使用前写真。

スノーシューの基本的な歩き方をレクチャーしています。

雨池峠へのアプローチ。普段は強風にさらされる場所もことのほか穏やか。

浅間山が見える展望地で。

シェルターの中でのランチタイム。雪のテーブルを囲んで和気あいあい!

こんな雪原も残っていました。

急な下りにはご用心。

ソリ持参のお客様は果敢にシリセードにチャレンジ!

二番手はより加速します。

雪煙上げてゴール!

坪庭からの素晴らしい展望。

最後までこの青空でした。