爽やかな晴天となった今日は渓谷トレッキングにも最適な一日でした。

陽射しが樹々の梢を透かして美しい緑の世界を演出する中、清流沿いの遊歩道をのんびりと散策。
吐竜の滝は大勢の人で賑わっていましたが、そこを過ぎると嘘のような静寂の谷。
渓流のせせらぎと時折聞こえる鳥の声、吹き過ぎる風にざわめく葉擦れの音だけが響きます。

レンゲショウマやソバナの花は既に盛りを過ぎ、モミジガサやオクモミジハグマ等のキク科の花が盛りでした。

途中のブナの大木のある休憩ポイントでは「名水カフェ」を開店。

いつになくゆったりコーヒーブレイクを楽しんでいただきました。
今回は昨日の雨で本流の水は少し濁り気味。
そのため渓谷の岩間から湧き出す湧水を汲んでコーヒーをお淹れしました。

それにしてもじっとしていると少し肌寒いくらいの気温、盛夏のトレッキングにはもってこいの好条件です。
結局ほとんど汗もかかずに清泉寮への最後の急登を登り終える事ができました。
どんな天候でも名水には事欠かない川俣川渓谷。
これからのシーズンもお勧めですよ。

 

レンゲショウマもそろそろ終わりでしょうか。

撮影に余念がないゲスト。

ハナイカダは既に実になっていました。

水量の多い流れを俯瞰して。

ほころびかけたタマアジサイの蕾。

ブナの大木に手を置いて。何か感じますか?

横に筋目が入ったブナの木肌。

名水カフェはこんな感じです。

天気が良ければお勧めの休憩ポイント。

寛いでいただけましたか。

ヤマアジサイの装飾花もアントシアニンに染まってきました。

吊り橋を渡れば清泉寮への登りが待っています。

清泉寮前の草地からは富士山もくっきり。本当にいい日でしたね。