清里高原でも暑い日が続いています。
萌木の村ではフィールドバレエの準備が着々と進んでいて、「赤の情熱」という情熱的なサインボードがこの暑さにとても似合っています。

今日の午後にご参加いただいたお二人。
赤いサインボードがよく似合います!

萌木の広場はフィールドバレエの準備のため、通常の半分ほどのスペースとなっていますが、いつものようにここでフリーライド。
バレエの時期になるとここでは乗れなくなりますので、今がチャンスです!

そして次はロックの前へ。
お二人とも清里は初めてということで、清里と言えば「ROCK」!というくらい有名ですよ、とお店をバックにパチリ。

次は「開拓の鐘」です。
天然のクリ材を使った柱でリニューアルしたこのスポット、萌木の村のシンボルとなっています。お二人で鐘を鳴らしていただきました。

そしていよいよ森の中の遊歩道へ。
樹々たちのおかげでとても涼しい空気に包まれています。

思わず「気持ちいい!」と、お二人から歓声があがります。

アブラチャンの実のにおい、天然のタイム・イブキジャコウソウの香りなど、セグウェイライドだけでなく、自然の魅力も楽しんでいただきながらご案内しました。

「暑い」と言っても森に入れば汗も冷えるほどです。
酷暑の街を逃れて、ぜひ清里へ遊びに来て下さい。