ここ数日、豪雨が続いた清里ですがようやく落ち着きを取り戻してきました。

靄に包まれた美しの池は静寂という言葉がしっくりなじみます。

 

親子で参加してもべったりではなく、お互いを尊重するように静かに漕ぎ進みます。

 

靄の隙間から薄日が差し込んで来る中、ユラユラと漂いながら世界に浸ります。

 

ご両親の息のあったコンビネーションをあたたかく見守る息子さん、少し大人びて見えました(^ ^;)。