昨日までの雪のおかげで厳冬期のような雪化粧を見せてくれた北八ケ岳。

今日は去年から山を始めたばかり、というお二人をご案内しました。

風景は冬山らしい美しさですが、風もなく、太陽の光りが降りそそいで、さすがに春の陽気の北八ケ岳。

まずは一面の雪原と化した坪庭を歩きます。お二人の後ろに見えているのが目的の北横岳。

 

急登をジグザグに登って行きますが、高度を稼ぐたびに眺望が良くなって行くので登るのが楽しくて仕方ありません!

 

シラビソの枝に降り積もった雪は、結晶が成長していました。
こんなミクロの世界の美しさも雪山の魅力です。

 

山頂までもう一息。
背後の風景も、より遠くまで見えてきています。

 

いよいよ北横岳・南峰に到着です。
雄大な風景におもわず笑顔がこぼれます。
後ろに広がる南八ケ岳の岩峰群が素晴らしい。

 

巨大なエビノシッポで遊んでいる2人。

もちろん「エビのシッポ」という名前も今日初めて聞きました。

 

そして北峰到着です。

日本100名山でもある美しい山容の蓼科山が出迎えてくれました。
ここでランチタイムですね。

 

山頂でのサプライズ!
彼のバースデイということで彼女が密かに準備していたケーキが登場です。
事前の打ち合わせの時に「ライチタイムはありますか?」という質問の意味がわかりました!

こんなシチュエーションでのバースデイケーキなんて最高の思い出ですね。

そして坪庭に戻ってきました。
北横岳から流れ出した溶岩で作られたこの奇妙な自然の庭園。
夏もいいですが、冬の美しさは何度行っても飽きることがありません。

 

これからもっと登りたい!というお二人でしたので、最後にちょっとラッセル体験を。
踏まれていない深雪を登るのはコツがあります。

 

初ラッセルでしたが余裕の表情の彼。
こうして体を起こし、つま先を蹴り込む方が楽に登れます。

 

最後はウサギの足跡を追いながら深雪の雪原を歩いていただいてロープウェイ駅へ。

本当に最高の雪山登山入門日和でした。

次回は厳冬期の厳しい寒さを体験しに来て下さいね。