集合時間には八ヶ岳全体に雲がかかり霧氷で森全体が覆われた状態でしたが、スタートする頃には陽が射し込んできました。

 

小学一年生と五年生の兄弟はスキーシューのコツを早々に掴むとガイドを追い越して進んでいきます。

 

小学一年生でもガッツいっぱい!

 

お父さんお母さんも負けじとついて行きます(笑)。

 

ダケカンバの樹林帯に入ると視界が広がり開放的になります。 

 

気持ちの良い樹林帯で大休止。

飲み物で喉をうるおしリフレッシュしたら・・・・

 

やっぱり始まった家族揃って雪合戦!

この後、お母さんを直撃する雪玉がお父さんの脇に浮かんでいます。

 

お母さんも負けていません。

お母さんが手にしている雪玉は、この後長男くんの頭に見事に命中しました。

 

ひとしきり遊んだ後は、下りです。

スキーの経験はそこそこの皆さんですが、ヒールフリーは初めてなので転びまくり(笑)。

 

でも体重の軽い子供達はダメージがすくないのでずんずん進んでいきます。

 

振り返るとお父さんが脚を投げ出し転んでいました。 

 

ゴール近くまでくると終わりを名残惜しむようにゆっくりとペースダウンする弟くん。

 

お兄ちゃんはまだまだ行けそうな余裕の表情でした。

 

ゴール近くの木漏れ日ゾーンです。

お父さんとお母さんははるか後方?(笑)。

 

ゴール前でポーズを決めてくれた弟くん。

お疲れ様でした〜。