本日の雪山トレッキング入門は赤岳鉱泉コース。
降雪直後のパウダースノーをかき分け、たっぷりと針葉樹の森の雪景色を楽しんできました。

今日のように軽い雪は積雪量がそれほどでなくても、グリップが効かないので意外に歩きにくいもの。
お客様のご要望によりツボ足、チェーンスパイク、12本爪アイゼンを使い分けて雪道の感触を様々に体感していただきました。

今回は稜線に雪雲がかかり、赤岳方面の展望も期待できなかったので中山展望台往復は割愛し、その分赤岳鉱泉でランチタイムを兼ねた珈琲ブレイクを普段よりゆっくりと楽しみました。

厳冬期の凍てついた風景とは対照的な暖かく広い小屋でのひととき。
窓外に見る静寂の森と食堂に響くストーブの燃焼音や宿泊客の笑い声とのギャップ。
雪道の長いアプローチを歩いて来た身にはそんな何もかもが心地よく感じます。

こんな日に一度雪の山道を歩いてみてください。
時が止まったかのような静けさとどこまでも白一色の風景に、あなたもきっと虜になること間違いなしです!

美濃戸から北沢林道をゆっくりと歩いてゆきます。堰堤広場まではラッセル2番手を歩きました。

雪の積もった川の景色に魅入られて。

堰堤広場からは本格的な登山道に変わります。

美しい雪の造形。赤い川色がより一層効果を高めますね。

橋を幾つも渡ります。

暫しラッセル体験で遊びました。胸の高さまであります。

鉱泉近くのシラビソの森。北欧の森の妖怪の群れにも見えますね。

アイスキャンディーも立派に成長していました。実際の色はもっと青く透き通っています。

赤岳鉱泉の食堂。ストーブが盛んに焚かれ、本当にほっとできます。

暫し珈琲ブレイクを楽しみました。ここの珈琲は量もたっぷり、美味いです!