清里は雪がなく、いつものスノーシューハイキングが開催できない状況です。
ご予約いただいたお客様に連絡し、別途ゴンドラ代が発生したりしますが、それでよければ、ということで入笠湿原へのスノーシューハイキングに変更していただきました。
富士見パノラマスキー場のゴンドラに乗り、一気に標高1700mまで上がります。そこからわずか30分も歩けば入笠湿原なので、初心者やお子さんでも楽しめるのが魅力です。

こちらが夏はお花畑になる雪原。
雪があればスノーシューで新雪歩きも楽しめるのですが、今はソリ遊びフィールドとなっています。

木から垂れ下がったサルオガセが霧氷となってとてもきれいでした。
少々寒いですが、冬のこういった風景の美しさは何度見ても心動かされます。

霧氷の撮影中!

太陽の光りを受けて、サルオガセの霧氷がキラキラと輝いていました!

参加されたお二人はしきりに「気持ちいいですね〜」と連発。
本当に冬の空気と景色は素晴らしいのです。

月曜日は雪予報。
通常のスノーシューコースでの開催ができそうですので
ぜひとも冬の世界に遊びに来て下さい。