南アルプスから流れ出る清流・尾白川。
その美しさは何度行っても素晴らしいものです。
今回はその尾白川へアンドラ公国からのお二人をご案内しました。

アンドラ公国、その名前を聞いてすぐには思いつきませんでしたが、スペインとフランスに挟まれたピレネー山中にある小さな国です。ピレネー山脈にあるだけあって、周囲の環境も素晴らしいようで、写真を見せていただきましたがとても美しい国のようです。

甲斐駒ヶ岳神社で日本の山岳宗教の由来などをお話ししたり、トレイルの樹木などの紹介をしながら、雨などものともせずに楽しんでいただきました。

渓谷添いの小さな滝を眺めながら歩き、折り返し地点の神蛇滝へ。
あいにくの霧で滝の美しい姿をはっきりと見ていただくことはできませんでしたが、
霧の幻想的な演出もまたいいものです。
ピレネーから来たお二人に、日本の自然はどのように感じたのでしょうか。
翌日からは上高地、高山、京都と旅を続けるとのことです。
日本を楽しんでいただきたいと思います。

南アルプスの名水 尾白川渓谷トレッキングの詳細はこちらです!