「インバウンド」という言葉を最近よく耳にしますが、外国から日本を訪れる旅行者のことです。

YOAの活動のベースである八ケ岳南麓も、富士山ほどではないですが、インバウンドのお客様が増えてきています。

今日は、インバウンドに力を入れている小淵沢の「ホテルキーフォレスト北杜」さんからのご依頼でフランスからのお客様を精進ヶ滝にご案内しました。

精進ヶ滝は東日本随一と言われる落差が魅力の滝です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山口までの林道はバスが入れないため、「日本の滝百選」に選ばれていいるにもかかわらず人が少なく、静かなトレッキングが楽しめます。

自然林の中を歩き、花崗岩の白い河床を流れる石空川の河原に出ると、思わず「Beautiful!」と歓声が上がります。薄いエメラルドグリーンの川の流れはそれほどきれいなのです。

いくつかの小さな滝を見ながら歩くことができるのもこのトレイルの魅力です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

精進ヶ滝を見た後は同じトレイルを引き返し、「竜洗峡」と呼ばれている白砂の気持ちのいい河原でランチタイム。

川の水はそのまま飲むこともできるほどきれいなので、その水を使ってお湯を沸かし、ランチのスープやコーヒーを楽しんでいただきました。

僕のつたない英語でも自然の中なら会話もはずみます。ゆったりとした時間を過ごした日本らしい渓谷の自然は、お二人の旅の記憶にしっかりと残ったことでしょう。

明日は松本へ行かれるそうですが、残りの日本の旅もぜひ楽しんでいただければと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA