今日は終日雨模様で、正直言って参加者の皆さん当初はテンション下がり気味でした。

しかしレインウェアを身にまとい、安全装備であるPFD(Personal Floating Device)を装着し、美し池に漕ぎ出すと思わず「雨の日最高!」との言葉がもれてしまいました。

 

そうなんです、装備さえきちんとしていれば少々の悪天候は自然を感じ、一体感を味わえるチャンスなんです。

 

 

 

沖縄でシーカヤックを体験されたお二人でしたが、改めてパドリングの基本を学んでカヤックの操船の楽しさを味わっていただきました。

 

 

 

 

 

今日の父娘コンビは、要所要所はお父さんが締め、娘さんがパワフルに漕ぐというスタイル。

 

 

時折雨脚が弱まり靄も消え美し池も全体が見渡せます。

 

 

 

 

 

操船にも慣れ、終盤はそれぞれ単独でのパドリングも楽しんでもらえました。

 

 

 

 

基本パドリングにも慣れ、応用編を試す余裕も出てきました。

 

 

 

 

この笑顔が楽しさを如実に語ってくれています。

 

 

 

 

 

パドリングだけでなく自然観察の楽しさにも気づいてもらう事が出来ました。