これまで何とか持ちこたえていてくれた八ヶ岳の空もとうとう底が抜けました。お盆休み最終日は朝から生憎の雨。どのプログラムもほぼ満員状態でしたが、やはりキャンセルも続出。アウトドアアクティビティーにはまさに天敵の空模様でした。

しかしそんな中でもちゃんと強者はいるものです。セグウェイ、カヤック、ガイドウォークと予定したプログラム全てにチャレンジャーが残っていてくれました。

本日担当した6名の仲良しファミリーのネイチャーガイドウォーク。念のため事前にご参加の有無を伺うと、(当然キャンセルかと思いきや)準備万端整ってます!との力強いお言葉。本当に頭が下がる思いでした。スタート前までは雨もほどほどでしたが、歩き始めてしばらくすると結構な降りに。こんなときは誰かしらテンションが下がるものですが、このファミリーはまったくそんな気配もなし。ガイドがちょっと目を離すとあっという間に森の中に入って行ったり、キノコを目ざとく見つけたりと、パワフルすぎます〜!

特にお父さんはその中心、常にマイペースで物怖じせず、ガイドの話しそっちのけであっちをキョロキョロ、こっちをウロウロ、雨も蒸発するんじゃないかと思う程熱気に溢れていました。但しお母さんにはとっても優しく、終始手を握って悪場をサポート。息子さん、娘さんそれぞれのカップルも含め羨ましい程の仲のいいご家族でした。

川俣川も少し増水し、途中でのコーヒータイムもお預けとなってしまい、このコースの魅力を十分にはお伝えできなかったのが残念でしたが、最後までにこやかにご同行していただき、本当に感謝でした。

またお天気のいい時にぜひ再訪してください。お疲れさまでした!

食べごろのタマゴタケが雨に濡れて。

無事周回を終えて、ほんの少しお裾分けをいただいたタマゴタケと一緒に。