前日までとはうってかわって靄に覆われた幻想的な山上湖。
鳥のさえずりやひっそりと咲く山野草、そして水棲生物の観察を親子で楽しんでいただきました〜。

 

最近の小学生は理科の時間に絶滅危惧種についてとかものすごい量の情報を詰め込まれるらしいですが、やはり豊かな自然からの受けるダイレクトな感覚に勝るものはないようです。

 

 

時折パラつく雨をものともせず仲良くパドリングする父娘。

とっても素敵なシーンでした。

 

 

 

 

静かな高原での父娘でのこうした体験は二人の心の奥にずっと大切に残っていくんだろうなぁと思ったら少し感傷的になってしまいました。