本日北八ヶ岳の積雪状況を確認に行ってきました。

天候は曇り。気温はマイナス15℃。かなり寒かったです。

気になる積雪についてですが、少ないところで30cm、吹きだまりなどの深いところで40〜50cm程度。
例年に比べ大分少ない状況です。

◆「雪山トレッキング入門」には十分な積雪とロケーション。気温的にも本格的な雪山体験が可能です。

◆「北八ヶ岳スノーシュー」の催行にはかなり厳しい状況といえます。
雪そのものはありますが、登山道上はしっかりと踏み固められており、脇に入れば露出した笹原に落ち込むコンディション。
北八ヶ岳の大きな魅力の一つふかふかのパウダースノーの雪原トレッキングにはほど遠い状況でした。

但し場所を選べばスノーシューそのものを体験することは可能です。樹氷の織りなす世界を楽しみながら雪と戯れたい、雪上に張ったシェルターの中で暖かいランチを楽しむだけでもいいという方は是非ご検討ください。

◆入笠湿原の状況は実際に歩いて確認してはいませんが、他のガイドや施設の情報を見る限り積雪はほんの数センチといったところでしょうか。

◆清里高原開催の「スノーシューハイキング」「ワンコとスノーシューハイキング」は予定コースに全く積雪がありませんので、現状では催行は無理な状況です。

今後年末の寒気の流入による降雪を期待したいところですが、いまのところは期待薄。いいタイミングでの南岸低気圧の通過が待たれるところです。

以上年明けにスノーアクティビティをご検討いただいている皆様の参考にしていただければ幸いです。

積雪情報は随時ご提供する予定です。

 

ロープウェイ山頂駅からの景観。例年とあまり変わらない様に見えますが。

北八ヶ岳名物のキツツキ君も健在。

雨池峠までのアプローチ道。硬く踏み固められています。

縞枯山荘が見えてきました。

雨池峠から林道に下りると少し積雪が増します。

雨池は岩が露出していました。

シラビソの森。

雨池山の景色はいつものまま。

スノキに積もった雪が綺麗でした。

キツネでしょうか?

風が作り出す芸術、シュカブラ。

普段ならスノーシューコースが作られる雪原も今はまだ笹原のまま。