事務所前のコブシの花が満開になりました。
これでようやく本格的な春の到来を感じることができます。

コブシはその実の形がごつごつしているので(中に入っている種が大きいのでその形が現れるため)、人が拳を握った形に似ているために名付けられました。春の農作業(田起こし)の指針にもなるため、田打桜とも呼ばれます。モクレン科の花で純白の花びらは中心に薄紅の線を引き、黄色いおしべがアクセントとなってとても綺麗です。春真っ先に咲くので、冬枯れの林や山に大玉の打ち上げ花火がはじけたようにも見えます。

コブシの後はヤマザクラ、ヤマブキが咲き、GWが過ぎると新緑が一気に訪れます。そんな高原が一番輝く季節ももうすぐです。

明日からはゴールデンウィークも始まります。幸いお天気も良さそうです。
セグウェイ、カヤックのプログラムにもまだ空きがありますので、興味のある方はぜひホームページで空き状況をご確認ください。

樹齢の高いコブシの樹。これだけの老木は珍しいですね。

花びらは6枚。薄紅のラインが綺麗ですね。