今日は冬至ですね。

一年で最も夜の長い日も思いのほか穏やかに過ぎてゆきます。
日没そのものは既に10日ほど前から遅くなっているので、ほんの少しの違いでも昼が長くなったように感じるのは不思議です。

それでも本来ならかなり冷え込むこの季節ですが、今日は驚くほど暖か。
何と午前には雨上がりの空に虹が架かりました!
「12月の虹」、何か小説か歌のタイトルみたいですね。

そんなクリスマス間近とは思えない萌木の村の風景ですが、クリスマスディスプレイは完璧です。
今日も通りかかったロック前には驚きの光景が!
見たことも無い巨大トラクターがディスプレイされていました。
ジョンディア6155R、6Rシリーズのミディアムクラスで、総排気量6788ccの6気筒直噴ディーゼルエンジン搭載のモンスター。
何となくクリスマスカラーにも見えるこの巨体、圧倒的な存在感でした。

いよいよ24日からはクリスマス寒波も南下しそうです。
真冬日となりそうな年末までには少しまとまった降雪を期待したいですね。