昨日は萌木の村の落ち葉掃きの日。
まだまだこれからどっさりと落ちるのですが、月一回の一斉清掃日として実施されました。

オルゴール博物館前のカエデの大木の紅葉はまだ健在なので末恐ろしいのですが、とりあえず駐車場脇のウリハダカエデは残すところ三割ぐらい。ダンコウバイも大分まばらになってきました。

朝8:30からスタートして、9:45までみっちり作業した結果は大きなビニール袋に20袋ぐらい。
これを土木作業用の大袋に移し替えて軽トラに積み込み完了です。

多分全ての木の葉が落ち切るまでにはあと数回はこの作業が発生しそうです。
やれやれ!

でも秋を彩ってくれた素晴らしい樹々達の装いももうしばらくで見納めと思うと、少し悲しい気持ちにもなります。
この落葉掃きが終わるといよいよ本格的な冬を迎える準備が始まります。