先日(7/9)八ヶ岳の稜線にコマクサを見に行ってきました。

最近人気のある登山口、桜平から入山し、硫黄岳〜横岳〜赤岳と縦走しました。

目当てのコマクサは硫黄岳と横岳の鞍部、硫黄岳山荘のある大ダルミと呼ばれる砂礫地に多く咲いています。

ほぼ全ての株が花をつけているように見えましたが、まだ咲き始めて間もない感じで咲いている花はどれも新鮮そのもの。蕾も多く残っているので見頃はこれからといったところでしょう。

他にも八ヶ岳の名を冠したヤツガタケキスミレやミヤマシオガマ、ミヤマダイコンソウ、イワヒゲなどが見頃を迎え、オヤマノエンドウやチョウノスケソウ、ウルップソウ、ツガザクラは咲き残りがわずかに見られる程度です。

チシマギキョウやムシトリスミレはまだ花を付け始めたところ。

八ヶ岳の高山植物、顔ぶれを変えてまだまだ健在です!

※登山口の桜平付近や美濃戸付近にはメジロアブが発生しています。今後数を増すと思われますのでこれから登山される方は防虫ネットや長袖長ズボン、虫よけ(効果があるか疑問ですが)などの対策をしっかりおこなってください。

 

大ダルミのコマクサ。砂礫地に群生する光景は見事です。

桜平登山口付近にはハクサンシャクナゲが満開でした。

硫黄岳への登り。遠くに浅間山が望めます。

硫黄岳から大ダルミへ向かう途中からの南八ヶ岳。山麓から山頂まで全ての高度で緑が美しい。

コマクサと混在するヤツガタケキスミレ。

ミヤマシオガマも咲き残っていました。

こちらは珍しいコマクサの白花。少し距離があるので不鮮明ですが。

チシマギキョウはまだ蕾でした。

横岳稜線にもコマクサがあります。

ウルップソウはほとんど終わっていましたが、場所によって数株だけ花を残していました。

今が最盛期のミヤマダイコンソウ。