GWも過ぎ、梅雨に入る前の新緑が一番美しい時季になりました。

今年YOA(八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズ)イチオシのヤマナシガイドツアー!
直近のフィールドレポートです。

ヤマナシガイドツアー情報はこちら

八ヶ岳分場コースの中程にあるヤマナシの樹。

この樹は毎年北側半分が花を着けるという変わった特徴があります。

 

先週見頃だった少し標高の低い樹の方は、花の数も少なくなってきていました。

牧場では放牧牛たちが「なんか用か?」とでもいいたげな表情(^ ^;)。

 

少し登ったところの方が花の開き具合が進んでいました。

新緑の薄緑と白い花越しに差し込む陽射しがとても気持ち良かったですよ。

 

 

シンボルツリーの後ろには南アルプスの山並みが広がります。 

 

八ヶ岳横断歩道近くの樹は五分咲きくらい?

八ヶ岳ブルーをバックにした権現岳に映えます。

 

さらにその上、赤岳をバックにした樹は七分咲きくらいでした。

 

オレンジ色の花弁の草木瓜(クサボケ)の花もう少し楽しめそうな様子。

栂とならんだ樹は遊歩道側下部が咲き始めたようです。

 

牧場エリアを抜け、森の中へ入るとミツバツツジ。

葉柄のうぶ毛が密生しているのでトウゴクミツバツツジかな?

 

展望台まで降りてくると最近では珍しくなってしまったオキナグサがひっそりと迎えてくれました。

花も終わり、果実を広げていました。そう少し経つと綿毛をだして果実を飛ばしていくでしょう。

 

森の中の湿地ぶぶんでは九輪草が咲き始めていました。

 

ミヤマウグイスカズラの花もまだもう少し楽しめそう。

 

ピンクの蕾から白い花を咲かすズミ、木漏れ日の中で癒しを与えるように迎えてくれました。