今朝はこの秋一番の冷え込みとなりました。
甲府では初氷の観測、そしてYOAの拠点の清里では氷点下!
いよいよ冬がそこまでやってきた、という感じです。

寒いですが、このピーンと張りつめた冬の空気感もまたいいものです。
夏の涼しさも八ケ岳エリアの魅力ですが、冬の空気感に魅せられて住み着いてしまう人も多いのです。

昨日は西上州の山を歩いていました。
葉を落とした明るいミズナラ林の尾根を、八ケ岳を見ながらの歩いていたのですが、
八ケ岳はずっと雪雲の中。予想どおり、今朝は真っ白な冬山らしい雄姿を見せてくれました。
山麓のカラマツの黄葉と山の白、そして青空のコントラストが素晴らしいです。

明日は雨予報。山の上はさらに雪が積もることでしょう。
明後日はまた晴れるはずなので、八ケ岳の姿がどうなっているか楽しみです。