今日もすっきりとした晴天となりましたが、やはり肌寒いほどの気温。ナイトハイクコースの下見では初夏の花が林間にひっそりと花を咲かせていました。昨日と打って変わって歩く人も少ない静かなハイキングコースでした。

美し森駐車場から林道を少し歩くと「大ヤマツツジ」への遊歩道が分岐します。その入口にはコデマリに良く似たアイズシモツケが咲き始めていました。

天然記念物「美し森の大ヤマツツジ」の記念碑。この石碑と保護柵の大きさだけが見事だったであろう最盛期の姿を思い描かせてくれます。

左の株はすでに枯死し、右の株もかなり衰えているように見えます。

その末裔でしょうか。柵の外に樹形の似たヤマツツジが蕾をびっしりと付けていました。

これは柵の反対側にあるツツジの株。花盛りです。

この文章もすでに過去のもになりました。

こちらはレンゲツツジの蕾。この姿がマメ科のレンゲ(ゲンゲ)の花に似ているところから名付けられたとか。これから高原の草地はこの花で埋め尽くされます。